自分の仕事を評価されると、誰でも嬉しいものですよね。「褒められると仕事をもっと頑張ろうと思える」という方も多いでしょう。逆に、「怒られれば怒られるほど、もっと頑張らなければ」と向上心を持てる方もいるでしょう。上司が部下に注意する際には、それぞれのタイプも見極めながら注意していくことが大切となります。

部下がミスをした場合、「注意するのが嫌だなぁ」と思われる方も多いと思います。中には、注意されてふてくされてしまう部下もいるでしょうから、「言いにくい」と感じる方もいるでしょう。しかし、ミスをそのままにしておくわけにはいきませんから、しっかりと注意することが必要です。そんな時、落として上げるコミュニケーションテクニックを持っていると、楽な気持ちで部下に注意出来ますよ。

どういった方法かというと、まずは今回のミスについてしっかりと伝えます。「こういったことは、今後しない様に」と注意をした上で、「でも、最近こういったところで頑張っている」「この間のこういった対応が良かった」というように、注意の後に褒めるというものです。注意されたと落ち込んでも、その後に褒められれば誰でも嬉しい気持ちになります。怒られた、悔しいという印象よりも、注意を受けたがそれ以上に褒められた、自分をきちんと見てくれている、と思わせる言い方にしましょう。そうすると、「注意されたことをしっかり改善して、もっと良い仕事をしていこう」という気持ちにさせることが出来るでしょう。落として上げるという方法は、言われる側にとっても嬉しいものですが言う側にとっても注意しやすくなるテクニックですよ。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required